ロードバイク初心者のための入門サイト

ロードバイクを始めるのに必要なお金

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ロードバイクを始めるのにはいくら必要?

イニシャルコスト

ロードバイクを始めるにあたって、必要な初期費用(イニシャルコスト)を気にする方は多いと思いますが、おおよそ12~17万円を予算として考えておけば、ひと通りのアイテムが揃うと思ってもらえれば、大丈夫だと思います。

20万円でお釣りがくるくらい

実際に、私も「ロードバイクを始めるのに、結局のところいくら必要なの?」ということがとても気になり、試算した結果12~17万円あれば、まずは恥ずかしくない程度のアイテムが揃えられて、必要充分であるという結論に至りました。

実際にロードバイクを始めるにあたって必要となるアイテムは、ロードバイク本体、ヘルメット、グローブ、ウェア、シューズ、その他の付属品や保険などですが、その内訳は(ざっくりとですが・・・)以下の通りです。

  • ロードバイク本体:7~10万円
  • ヘルメット:1~2万円
  • グローブ:3,000~5,000円
  • ウエア:1.5~2万円
  • シューズ:6,000円~1万円
  • その他付属品(ロックやライト等):5,000円
  • 保険:5,000円

初心者におすすめのロードバイクを予算別にまとめた記事はこちら→初心者におすすめのロードバイク(予算別)

ランニングコスト

ロードバイクのランニングコストの中で、大きなウェイトを占めるのは、タイヤとブレーキシューで、どちらも足回りのものになります。

ランニングコスト1:タイヤ

ロードバイクのタイヤは、2,000~3,000キロほどの走行で交換のタイミングとなり、一本5,000円ほどなので、前後のタイヤを交換すると考えると、1回の交換で10,000円となります。

ランニングコスト2:ブレーキシュー

次にブレーキシューですが、特に雨の日の走行は、晴れた日に走るより10倍くらいブレーキシューが削れるので、梅雨時はランニングコストがかさんでしまいます。(雨の日は走らない、という方には関係ありませんが。)

ランニングコスト3:カートリッジシュー

アルテグラ以上のブレーキの場合、「カートリッジシュー」というものが採用されていて、アルミ製のホルダーにゴムのブレーキシューが入っているので、ゴムの交換だけで済みます。

ブレーキシュー全体より、シューだけのほうが安いので、ランニングコストも抑えることができ、交換作業もさらに簡単です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © ロードバイク初心者入門 All Rights Reserved.
error: Content is protected !!